餅食いてえな

明日から大学始まっちゃう。

どうしよう、びっくりだよ。嫌だよ。

 

 

単位数的には卒業研究だけで卒業できるのが救いだけど、まだまだ単位取りに大学行く予定。

前期前半は週1+α(出席のない授業を履修します)、前期後半は週2+αかな。

めんどくさいけど頑張りたい。最後の1年だし!

 

 

 

春休みに遊んでくださった方々ありがとうございました。大好き。

就活終わったらまた遊びましょう。美味しいもの食べようね。

花粉しんどい

恋愛の話です

 

---

 

私は誰かを恋愛的に好きになることが怖い。

どうしようもなく怖い。苦しくて、逃げ出したくなる。

恋だとか愛だとかそんな青臭い感情を抱える自分の醜さや、周囲の目、過去のこと、すべてと向き合うのが怖い。ときには好きな相手の自分に対する感情でさえも怖くなって、その人からも逃げ出してしまう。本末転倒である。

 

恋愛というのは相手に向き合うのはもちろん、自分自身とも向き合わなければいけないと思う。というか、相手に対して真剣なら自然にそうなる。

自分と向き合うってなんだろう。客観視?メタ認知?ふわふわした感情の言語化?

私はその全てだと思う。相手に自分がふさわしい状態であるか、今はふさわしくなくても将来的にふさわしくなれるか、見極める行為。

…つまりは現実をしっかりと受け止める、ということだ。苦しいね。苦しいよ。

 

世の中の幸せなカップルは素直にすごいと思う。自分がいて相手がいて、想い合っていて、そこにはやわらかくあたたかい世界が広がっていて。でも現実や将来は見据えている。

心に余裕があるというか、お互いがお互いをそうさせるんだろう。美しい見事なまでの相互作用。

 

 

(文章書くの飽きてきた)

 

 

男性のこと、恋愛的に好きだ/もしくはこの先好きになるかもしれないな、と感じるシーンがフリーのここ6ヶ月半の間で無きにしも非ずだった気がするんだけど。

もし、もし君と私がー  そんなこと考えた瞬間に心が重くなってしまって、どうしてもだめだった。胃液がどろどろと黒く渦巻くような気持ち悪さを抱えてしまった。

私と付き合っても幸せになれないよ、君は遠くに逃げてくれよ、つらいだけだよ、なんて考えが一瞬のうちに身体中を駆け巡る感覚が確かにあった。

そしてそれ以上に、自分の未熟さと至らなさを思い知らされてしまって、身動きが取れなくなってしまった。こんな私じゃだめなんだよ。だめなの。向き合いたくもない。怖い。君と釣り合わないことを知るのが怖い。好きになんてなりたくなかった。君はただの君でいてほしかった。

幸せな未来をつい思い浮かべてしまうこともあった。叶わないのは知っていても、それでもつい自然に想像してしまった。私はそれだけ君のことが好きだった。

 

人を好きになって、その瞬間にあんなに悲しくなるなんて、そんな時が来てしまうなんて思ってもみなかった。

 

 

 

 

いま恋愛に関してはっきり言えることは少ないんだけど、一緒に観覧車に乗ってくれる男性を募集しています。甘いものを一緒に食べに行ったりしてくれると尚良し。

 

 

現実なんて見たくないのよ。

のど飴依存症になりそう

おはこんにちばんは。みたいな挨拶をブログの書き出しで使う人いるよね。

面倒くさがり屋でそのくせスマートに生きたい人なのかな。エモだね。

 

 

最近寒いですね。寒いからって特筆すべきことなどないけども。

暑かろうが寒かろうが私は私だし、明日〆切のレポートを全然書いていないことに変わりはないし、口内炎は痛い。

つまらないねえ。でも炬燵で食べるアイスはおいしいねえ。

はーーーーーげんだっつ。ゆきみだいふく。デブのソウルメイトだよね。

 

 

 

私は冬はずっと炬燵でダラダラしていたいのだけれど、世間から正月の雰囲気はすっかりなくなったね。1月も半分終わったもんね。

コンビニに節分の豆とかわいらしいパッケージの割高なチョコレート。

気分は2月かもしれないけどさ、餅食おうぜ餅。

因みに我が家は鏡餅は撤去したものの鏡開きはしていない。バカなのか。

今週中になんとかしたい。普通の切り餅もまだ結構あるけど…

 

 

 

 

上手い下手はともかく、文章を書くのは嫌いじゃない。

話題が散乱してるけどそれは更新ペースのせいだと思っていただきたい。

何が言いたいかというと、読み返すと赤面しちゃうよね!という話。

自分の歌声を録音してそれを聞くとウワアアアアアアってなりがちなのと一緒。

もっとも私は歌声ではそうならないんだけど(さすがに慣れた)

 

レポートを書くのは嫌いです だってむずかしいから

んんん ひぃええ おわぁ って感じ

↑こういう痛々しい奇声をSNSで使うのが最近癖 やばい

おやすみなさい

炬燵出したい

すごい、月1更新という簡単に達成できそうなゆるい目標立てたのにもかかわらずもう10月。 

アートスクールの季節だね。春夏秋冬、1年中聴いているけど。

 

 

初夏からオフの日は基本的に寝ている。したい事も会いたい人も、何も無し。やるべきことはたくさんあるのにね。

こういうのを治すために必要不可欠なパーツが欠けている気がして、兎角苦しくて、息詰まり、行き詰まり、休みたくて、寝る。サイテーな悪循環を繰り返している。

 

 

ブログって長文書けるからネガティブなことをどばーっと書きがち。向いてない!

 

 

 

多趣味に見せかけた無趣味人間だから文章を書こうと思った時に書けることが何もないんだー。

何か一つでも、どれだけくだらなくても、ずっと続けていることがある人は強い。どんな種類であろうとぶれない主軸が流れの速い現代社会には必要不可欠なのだ。確固たる自分自身。

わたし?社会の波に飲まれて溺れてます。

 

 

人と仲良くなりたい

サシ飲みとか、軽くごはんとか、スマートな誘い方って分からないね

よく分からないけどわたしは好きな人にちゃんと好きって伝えたい

 

おやすみなさい